FLASHからjQuery(JAVA SCRIPT)へ

JAVA SCRIPTが戻ってきました

ホームページといえばFLASHという時代はついこの間ですが、今やFLASHは閲覧できない時代になってしまいました。

FLASHはその機能とほぼ全てのブラウザで閲覧可能という特性で、アニメーションやインタラクティブな図解表現、ビデオにおいて、便利なツールとなっていましたが、安全性の問題から、今やホームページでは閲覧できないプラグインとなっています。

FLASH以前は、JAVA SCRIPTによりインタラクティブな表現をしていたものですが、現在、そのJAVA SCRIPTがjQueryの形で普及しています(レスポンシブル・メニューやスライダーなど)。以前の技術が今活かされていることの面白さを感じています。

先日、WordPressのメールフォームに不具合があり、ひさびさにKENTWEBを開きCGIメールフォームを設置しました。

さまざまな技術を組み合わせることで、お客様の要望をクリアできます。

Googleがヴィジョンを変えた

Googleがもたらした便利さは、ヴィジョンを変えたのではないでしょうか?Google検索、Google音声検索、Google MAP、Google翻訳。

それらは、求められる内容をそのまま表示します。

ホームページ制作においても、閲覧者が求めるものをいかにわかりやすく提示するかが重要になってきていると思います。